pirka
IOP-toolの使い方

作業手順3:ValueObjectソースを出力する

  1. メニュー画面で 「■ファイル作成 Value Object Javaソースファイル出力」 を選択
    VO_01.png
  2. Value Object Javaソースファイル出力画面で、入力して、「処理開始」ボタンをクリック
    (登録するテーブル、検索一覧用インターフェース、メンテナンス画面用インターフェースのValueObject分、以下の手順を繰り返す)
    VO_02.png
  3. :ValueObjectソースが出力されている
    VO_03.png

IOP-toolの使い方に戻る

作業手順4:DBにテーブルを作成するに進む


pirka 公式ページ


添付ファイル: fileVO_03.png 421件 [詳細] fileVO_02.png 537件 [詳細] fileVO_01.png 661件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-27 (水) 18:54:22 (3156d)