pirka
IOP-tool Tips

IOP-tool 項目の型とDBの型の対応

IOP-tool からデータベース定義を出力するとき、createTable のSQLに設定される型は、下記の通り

img2004.png


型変換対応表
IOP-toolh2oraclePostgreSQL
STRINGCHARCHARCHAR
STRING(可変長)VARCHARVARCHAR2VARCHAR
NUMNUMERICNUMERICNUMERIC
IMAGEBLOBBLOBbytea
DATEDATEDATEDATE
TIMETIMEDATETIME
DATE_TIMETIMESTAMPTIMESTAMPTIMESTAMP
BOOLEANBOOLEANNUMERIC(1)BOOLEAN


img2005.png
  • 主キー にチェックを付けると、PRIMARY KEYにセット
  • NULL禁止 にチェックを付けると NOT NULL属性付加
  • 可変文字列 にチェックをつけると、上記変換表の通り
  • フィールド型 を入力すると、そのままcreateTable の項目型に使用(ノーチェックなので、綴りに注意)

添付ファイル: fileimg2005.png 553件 [詳細] fileimg2004.png 569件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-27 (水) 18:48:46 (3216d)